即日融資をうたている消費者金融についていろんな口コミを調べてみた私の体験談です

即日融資をうたている消費者金融についていろんな口コミを調べてみた私の体験談です

即日融資をうたている消費者金融についていろんな口コミを調べてみた私の体験談です

私はサラリーマンをしながらインターネットショップを個人で経営しているのですが、
普段から資金繰りにとても苦労していました。

ちょっとした金額の支払いをすぐにしなければいけないことが多く、
いわゆる運転資金の準備が必要なのですが、
油断をしていると予想外の支払いが発生するため、
常に気を抜くことができないのです。


消費者金融を利用することになったきっかけも、
仕入れ代金の支払いが必要になったことです。

銀行の営業時間終了までに入金しなければならなかったのですが、
銀行口座預金の残額が足りす、
どこかから資金を調達することが必要になりました。


本来であれば取引のある銀行に相談するところですが、
今までに何度か融資を依頼した際には様々な書類を準備することが必要で、
さらに審査には数日がかかるため、
銀行から今すぐに資金を調達するのは難しいだろうと考えました。


そんな時に頭に浮かんだのが消費者金融です。
消費者金融についてはなんとなく怖いイメージがあり、
今までは利用を敬遠していました。

しかし今回は急いでお金を調達することが必要になったため、
思い切って申し込むことにしたのです。

消費者金融については詳しくなかったため、
とりあえずインターネットで情報収集から始めました。

消費者金融即日融資口こみ


消費者金融について解説するインターネットサイトには、
様々な情報や利用者の口コミなどが掲載されていました。

インターネットサイトの情報によると、
消費者金融は以前はサラ金と呼ばれており、
高利での貸し付けや暴力的な取り立てなどが大きな社会問題なったのだそうです。

しかしその後は法律による規制が行われたことで、
現在は誰でも安心して利用できる金融機関として融資を行っていることがわかりました。


担保や保証人なしで融資が受けられることが消費者金融の特徴で、
申込者の勤務先や勤続年数や収入などの条件を審査して、
信用に基づいて融資を行うのだそうです。

審査はコンピューターと担当者により行われ、
ほとんどの場合には30分程度で融資の可否が決定することになります。

消費者金融ではスピード審査により、
申し込んだその日のうちに資金の借り入れができる即日融資に対応しているのです。

ただし実際に即日融資を受けるためには、
まずは審査に通過することが条件となります。



過去に消費者金融からの借り入れやの返済や、
クレジットカードや各種ローンの支払いなどを滞らせた履歴がある人は、
いわゆるブラックリスト状態になって審査に通らなくなってしまうのだそうです。

また知名度の高い大手消費者金融よりも、
中小の消費者金融の方が審査に通りやすいことが多いのですが、
一部には法律による制限を超える違法な金利を請求するヤミ金融業者が存在するため、
初めての人は大手消費者金融に申し込むのが安全であることもわかりました。




実際にどの消費者金融に申し込むか迷ったのですが、
インターネットの口コミで「比較的審査が甘い」という意見が多かった、
消費者金融アイフルに申し込むことにしました。

近年では銀行の子会社やグループ会社として営業を行う大手消費者金融が多いのですが、
アイフルは独立系の消費者金融で独自の基準で審査を行うため、
他社で融資を断られた人でも審査に通る可能性が高いのだそうです。

その他にはテレビのコマーシャルで馴染みがあったことも、
アイフルを選んだ理由のひとつです。


アイフルのホームページにアクセスすると、
「事前にご融資可能か診断!一秒診断!」というボタンがあったので、
まずはこれをクリックしてみました。

年齢・雇用形態・年収・他社借入金額の条件を入力して診断を申し込むと、
「融資可能と思われます」と表示されたので、
次は本審査に申し込みました。

30分ほどで審査通過を知らせるメールが届き、
本人確認の書類として免許証のコピーを電子データでアップロードして、
契約を完了して融資OKとなりました。


アイフルで即日融資を希望する場合には、
指定した銀行口座への振り込みによる融資を受けることができます。

ただし当日中の入金が可能なのは銀行の営業時間内に限られますので、
即日融資を希望する人には平日の午前中などの時間帯に申し込むのがおすすめです。

また今回は利用しませんでしたが、
無人契約機(無人契約でんわBOX「てまいらず」)から申し込むと、
その場でローンカードが発行されATM等で即時借入ができるのだそうです。

誰にでも貸してくれる金融 借り入れのできないあなたへ
トップへ戻る